区分マンションの売却益が480万円でした!実質は600万円以上の利益!

不動産投資

マイクです!

先日、保有している区分マンションを1件売却しました。
今回は売却した物件について実際の利回りなど考えたいと思います。

どうれだけ儲かったの?

今回の物件は6年弱保有したものです。

ではここで質問です!

この物件の売却益はどれくらいでしたでしょうか?

ヒント、駅からは徒歩8分、広さは24㎡です。

正解は!

ああ!タイトルに書いてました。

480万円でした!

「売却価格-ローン残債=売却益」

となります。

実際にはおまけ要素ですが節税効果と微々たるものですが、月々のCFがありましたので600万円弱の実質利益となりました。

で結局のところの利回りってどれくらいだったの?

家賃収入としての利回りは4%ないくらいの物件でしたが、売却益で考えると中々のものになりますよ!
これこそが区分マンション投資の醍醐味でもあります。

この物件の保有期間、6年弱で支払った金額は

・固定資産税:7.2万円×6年=43.2万円
・不動産所得税:13.5万円(1回のみ)
・頭金:65万円(1回のみ)

合計:121.7万円

実質600万円の利益でしたので

600万円÷121.7万円×100=493%

493%÷6年=82.2%

この数字驚異的ではないですか!

年利82.2%なんです!

銀行の金利が0.001%/年という時代にあって悪魔的な数値を叩き出しています。

それはそうですよね、121.7万円を投資して6年弱寝かせたら600万円になって返ってくるんですから!

不動産投資は株式投資の神様を超える

株式投資の神様と言われるウォーレン・バフェット氏でも生涯年利は20%ほどと言われています。

その数値の4倍以上の結果が出てしまうのが不動産投資なのです!特に都心部の区分マンションなのです。

融資によるレバレッジがかけられるので圧倒的なパフォーマンスになります。

ここで書いた内容は理解しようとすると中々のものですので、さらっと書きましたがすべての人が理解できるものではないでしょう。

しかし、理解できた人には間違いなく利益をもたらす美味しい話となります。
不動産投資はやっぱりすごいです。